オンラインカジノでの実践!その前にまずは用語から

巣ごもり生活やテレワークなど、世界の形態が大きく変化しオンラインプラットフォームへ世界が移行していますね。仕事や買い物だけでなく趣味やストレス発散もこのオンラインプラットフォームへ向かっている中で、日本人プレイヤーが急増しているオンラインカジノ。場所も時間も選ばず、キャッシュレスで利便性に富んだバーチャルワールド。アンチウイルスを導入して環境を整えて、いざバーチャルワールドへ!と、向かう前に覚えておいて欲しいのがギャンブル用語です。新しく何かを始めるのに、どうしても必要となってくるものの一つが『用語』です。もちろんオンラインカジノにも『ギャンブル 用語』『オンカジ用語』というのがあります。オンラインカジノを中心としたギャンブルを始めたい方、ギャンブルを楽しんでいるけど用語を再確認しておきたい方に必要な『ギャンブル用語』『オンカジ用語』をまとめてみました。

ア行

【アクション (Action)】

プレイヤーの取る全ての行動。プレイヤーがかけた金額。ブラックジャックやポーカーなどのゲームで使われる用語

【アンティ (Ante)】

ゲームへの参加料。

【アクティブ・ペイライン(Active Payline)】

ベットされているペイライン

 【アップカード (Up Card)】

全プレイヤーが見ることができる表向きのカードのこと。ブラックジャック用語

【イーブン(Even)】⇔【オッド(odd)】

主にルーレットにおける偶数のこと。

【イーブンマネーベット (Even Money Bet)】

配当倍率が1:1のベット。

【インサイド・ベット(Inside Bet)】⇔【アウトサイド・ベット(Outside Bet)】 ルーレットにおける賭け方のひとつ。

【インシュランス (Insurance)】

プレイヤーがかける保険

【ウィズドロー (Withdrawal)】

プレイヤーの口座からお金を引き出すこと

【ウィール(Wheel)】    

ルーレットで使われている回転盤のこと

【ウェイジャー (Wager)】

大きな金額を賭けるプレイヤーのことを指す

【ウィニング・コンビネーション(Winning Combination)】   

絵柄が揃い勝ちになること。

【エッジ (Edge)】

相手にに対する優位性、アドバンテージ

【オーバーレイ (Overlay)】

プレイヤーがカジノ側に対して優位性を持つ掛けのこと

【オッズ (Odds)】

カジノ側の見解においてのプレイヤーが勝利する可能性、通常は%で表される

カ行

【カードカウンティング(Card Counting)】

予測テクニック。ブラックジャックやポーカーで使用。

【賭け条件】

オンラインカジノで貰ったボーナスに対して出金をするための条件。出金条件とも言われる。

【キャッシュバック(Cash back)】      プレイヤーが賭けたお金の一部が戻ってくるサービス

【クレジット(Credit)】 

残高。オンラインカジノでは$表記であることが多い。

【コミッション(commission)】

手数料のこと。

【コンプ(Complimentary)】    

常連客やVIPに対して行われる優遇サービス

サ行

【サレンダー(Surrender)】

プレイヤーが賭けた金額の一部を放棄すること。途中でゲームを止めることができるルール。

【ジャックポット(Jackpot)】  

ポーカーやスロットで獲得する高額賞金のこと。

【除外ゲーム】    

オンラインカジノにおいて、出金するまでに必要なベット額として計上されないゲームのこと。

【シューター(Shooter)】

サイコロを投げる人。ディーラーではなくプレイヤーが交代で行う。

【スタンド(Stand)】    

これ以上カードを引かないという意味。ブラックジャックで使われる用語。

【ストレート・アップ(Staright Up)】  ルーレットの基本ルール。1つの数字に対して賭ける方法

【スピン(Spin)】 

リールを回すこと

【スプリット(Split)】  

最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合、手を分割することができるブラックジャックのオプション

タ行

【ダブル・ダウン】

ブラックジャックにおいて、最初の2枚に加えてもう一枚引くことで掛け金を二倍にすることが出来るというルールのこと。

【テーブルリミット】

カジノにおける各テーブルに設定されている上限金額のこと。

【ディーラー】

客と対戦するカジノの従業員のこと。

【ディール】

カードを配ること。

ナ行

【入金ボーナス】

オンラインカジノで入金する際に入金額に応じた割合でもらえるボーナスのこと。

【入金不要ボーナス  】

無料でもらえるボーナスのこと。資金がなくてもオンラインカジノをプレイすることができる。

ハ行

【ハウスエッジ(控除率)】

プレイヤーの賭ける金額に対するカジノ側の利益率、取り分のこと。ハウスエッジが高いゲームはカジノの利益率が高いので、プレイヤーにとっては損しやすいゲームとなる。

【配当】

ゲームの賭けに勝った場合に得られる賞金のこと。ペイアウト、ペイオフとも呼ばれる。

【ペイアウト率】

プレイヤー還元率やRTP(Return To Player)とも表記される。カジノにおいてプレイヤーに支払われる期待収益率。

マ行

【マキシマムベット】

賭け金の上限のこと。

【ミニマムベット】

賭け金の最低限度額のこと。テーブルによって異なる。

ラ行

【ライブゲーム(Live games)】  

本物のディーラーとライブ中継でゲームが楽しめるオンラインカジノ。

【ロードアップ(Load Up)】    

一回のゲームにおける最大ベットを賭けること。

【リターン(Return)】   

賭けた金額がどれだけの割合で戻ってくるのかを示す言葉。

いざ挑戦

さていかがでしょうか?『ギャンブル 用語』『オンカジ用語』これ以外にも沢山あるので今回は抜粋していますが、量が多いですよね。実際にオンラインカジノでプレイしながら覚えていくとどんどん覚えられるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

2022年からセキュリティ対策ソフトを導入する方に知ってほしいこと!

持っているパソコンやスマホ、タブレットを安全に保護したくて、これからセキュリティ対策ソフトを導入したいが何に気を付ければいいかって迷いますよね?そんな方のために今回の記事ではセキュリティ対策ソフトの選び方とおすすめをご紹介します。

どうしてセキュリティ対策ソフトが必要?

今の時代どんどん増えてくインターネット利用者が非常に気を付けないといけないことはシステムの穴を狙った攻撃や個人情報の取得を狙った攻撃です!こんな時代だからこそ、存在するさまざまなリスクからデバイスを守るセキュリティ対策ソフトが必要になります。Windows10があるパソコンは「Windows Defender」が搭載されていて、このアンチウイルスの性能も年々上がっていますが、備わっている機能は最低限なので、スパムメールフィルターやネットショッピング保護機能とかはありません。

選ぶときに気を付けること

インターネットに繋がっているWindowsPC、Mac、スマホやタブレットにウイルス対策ソフトを導入する前に、まず気を付けなければならないことを確認しましょう。

  • デバイスのシステム対応があるか(OSの種類とバージョンが合っているかの確認)
  • ソフトを動作させるための必要なスペックを満たしているか(CPUのクロック周波数、メモリのクロック周波数、ハードディスクの空き容量が不足かの確認)
  • 第三者機関のテスト結果の確認
  • ウイルス対策ソフトを導入するデバイス数
  • セキュリティ範囲の広さは適切か(マルウェア対策、ランサムウェア対策、ネットバンク保護機能、保護者機能、フィッシング詐欺対策など)
  • できるだけ長期契約のソフトを選ぶ
  • メーカーサポート体制が充実しているか 

セキュリティ性能

セキュリティ対策ソフトはウイルス検出だけがすべてではないので、どのような機能があるのか、購入前に必ずチェックしましょう。セキュリティソフトに求められるさまざまな機能を紹介します。

マルウェア対策機能

マルウェアとはコンピュータウイルス、ワームやトロイの木馬など、様々な種類があり、危険性のあるソフトです。なので、マルウェアに感染しないための対策が万全かどうかを確認しましょう。

ランサムウェア対策機能

ランサムウェアはマルウェアほど多くはないですが、使用しているデバイスやファイルを強制的にロックされてしまい、データを「人質」にとって金銭を要求されるという詐欺のためのプログラムですので、ウイルス対策が必要になります。ランサムウェアの感染や実行をブロックできるのがランサムウェア対策機能です。

ネットバンク保護機能

ネットバンキングを利用した不正預金送金を防止するための機能がネットバンク保護です。具体的には、キーボードから入力した情報(IDやパスワード)を盗むキーロガーへの対策や、偽のバンクサイトへアクセスを防ぐ役割をする機能です。

フィッシング詐欺対策機能

有名企業を偽ったURLにアクセスさせることで個人情報を入力させる詐欺を防ぐための機能です。フィッシングは電子メールやSNSなどを採用し、アカウントの更新などの言い訳でID、パスワード、クレジットカードとかの情報を盗み取りますので、重要な機能です。

迷惑メール対策機能

メールクライアントソフトの利用中に危険だと判断した受信メールを自動でブロックし、自動で専用のフォルダに移動する機能です。

保護者機能

子供がいる家庭では使ったほうがいい機能です。保護者が安全で健全なオンライン習慣を子供にさせるために、年齢制限のあるサイトの閲覧やトラブルを防ぐ機能です。子供には安全なインターネット環境を提供することが大事です。

おすすめのセキュリティ対策ソフト

KASPERSKY「カスペルスキー セキュリティ」

ウイルスの高い検出率を誇るロシア製の高品質セキュリティ対策ソフトで、セキュリティソフトを評価する第三者機関も評価する防御力の高さを持っています。日本では警察機関との連携により、サイバー犯罪対策を行われているため、とても信頼性が高いセキュリティ対策ソフトです。「ソフトウェアアップデーター」機能や、VPNの「セキュアコネクション」もあり、とても多数の機能をそろえています。また、「プレミアライセンス版」では6台以上の機器にインストールが可能で、マルチデバイス対応です。

Avast「アバスト プレミアムセキュリティ」

Avast Software社が開発したアンチウィルスで、オンラインショッピングやバンキングの利用も安心してできるソフトです。現在186ヶ国、46言語、4億3500万人を超えるユーザーを持っており、アンチウイルスモバイル版では1億以上のダウンロード数で、評価が非常に高いセキュリティ対策ソフトです。第三者機関により「マルウェア対策性能」、「ランサムウェアからの保護性能」、「ネットバンキング保護の性能」と「Webの脅威からの保護機能」においては高評価を得ていますので、安心して購入できます。WindowsやMacだけでなく、AndroidやiPhone、iPadといったスマホやタブレットにも対応していて、家族全員のデバイスをまとめて保護できます。

キヤノンITソリューションズ「ESET インターネット セキュリティ」

スロバキアに本社を持つESET社が開発したインターネットセキュリティソフトで、日本ではキヤノンITソリューションズが担当しています。高い防護力と動作の軽さで、古くてスペックの低いパソコンでも使えることから、とても人気があるセキュリティ対策ソフトです。口コミでもセキュリティソフトを評価する第三者機関でもとても高い評価を得ており、派手な動作や警告表示はしないので、ストレスを感じなく作業ができます。3年版の安さも注目すべきポイントです。

最後に

ほとんどのセキュリティソフトは無料体験版がありますので、選んですぐ購入するのではなく、無料体験版で試してから購入することおすすめします。使ってみないとわからいことがいろいろあると思いますので、自分に合っているソフトかパソコンとの相性がいいとかを確認してから決めても遅くありません。

アバストアンチトラックプレミアムの全貌は!?

ご存知ないかもしれませんが…

実は毎日トラッキングされているんです。

※1ユーザーをトラッキングしているWebサイト数 75%

※上位サイトに潜むトラッカー数 1,000社以上

※企業が1ユーザーについて把握している情報件数 3,000件

※消費者トラッキングテクノロジーの精度 99%

この現実にあなたはどう対応しますか?

トラッキングとは?

トラッキングとは「追尾・追跡」という意味です。インターネット用語としては「ユーザーの行動を記録、追跡し分析すること」を指します。オンライン トラッキングにはさまざまな種類があり、たとえば広告主がブラウザーの Cookie を使用し、ウェブサイト間を移動するユーザーをトラッキングする場合、それは広告トラッキングと呼ばれます。ウェブサイトと広告主は、ユーザーのウェブ上での行動をトラッキングし、どこからWebサイトにアクセスしたのか、Webサイトのどのページを、どの程度の時間閲覧しているのかなどの情報を取得します。そしてユーザーがどのような人物で、ユーザーのオンライン習慣がどのようなものかを示すプロファイルを作成することもできます。これはデジタル指紋と呼ばれます。Webサイトの管理者はIPアドレスやユーザーエージェント、Webビーコン、HTTPリファラからトラッキングを行うことも可能です。トラッキングを簡単に説明するとしたら、サイトにアクセスしたらストーキングされていたという状態を指します。

多くのサイト運営者はトラッキングから得られた情報からサイト内の問題点を見つけだし、改善することに役立てています。

「それだけなら問題はないのでは?」

あなたの親友、恋人、家族、親戚以上に、あなたが知らないところで、あなたの事をあなた以上に知っている他人がいてもですか?

それ以外にも、中には悪意を持ったトラッキングもあるということです。

アバストアンチトラックはどんな製品?

アバスト アンチトラックは、さまざまな種類のウェブ トラッキングを阻止し、オンラインの匿名性を強化するツールです。

方法としてアバスト アンチトラックは、ユーザーの「デジタル指紋」または広告主がユーザーの身元を特定するために使用する固有情報を偽装することで、このような侵害型のオンライン トラッキングを阻止します。さらに、ユーザーのオンライン検索を誰も追跡できないように、トラッキング Cookie を見つけて削除します。

アバストアンチトラックプレミアムの機能とは?

〇オンライン トラッキングを阻止

トラッキング試行を直ちにブロックし、自分の情報を収集しようとしている犯人を明らかにします。

〇プライバシー ステータスをチェック

自分のプライバシー ステータスと、阻止したトラッキング試行の概要を把握します。

〇オンライン プロファイルを偽装

デジタル指紋を隠して、広告主が個人情報を入手するのを阻止します。

〇中断なしにウェブ閲覧

ウェブページの表示を崩したり、煩わしい警告をトリガーしたりせずにプライバシーを保持します。

〇閲覧履歴を隠す

履歴、Cookies、その他のブラウザー データを自動的にクリアします。

〇お気に入りのブラウザーを安全に保護

Chrome、Firefox、Safari、Edge、Internet Explorer、Opera など、お気に入りのブラウザーで使用してください。

広告ブロッカー、VPN、匿名モードのいずれかを使っているけれど?

単体や、組み合わせて上記いずれかを導入していたとしても、残念ながらVPNはトラッキングを阻止できません。残念ながら広告ブロッカーはトラッカーを削除することはありません。残念ながら匿名モードは本当の意味で匿名では無いのでトラッキングから逃げられません。

・VPN は接続を暗号化し、公共 Wi-Fi でユーザーを保護し、位置情報を偽装します。それでも広告主は、デバイスやブラウザーの設定からユーザーをトラッキングして識別できてしまうのです。

・広告ブロッカーはウェブサイトの外観と機能に影響を及ぼし、増え続ける新しい広告に対応するためアップデートが必要です。

・匿名モードは、Cookie、訪問したウェブサイト、自動入力フィールドが保存されるのを阻止します。しかし IP アドレスは依然として見えるため、ISP はユーザーのトラフィックを記録できます。つまり、完全に匿名ではないのです。

もちろんアンチトラックプレミアムアプリと、これらの機能を併用して使用すれば、とても優れたオンライン プライバシーを構築します。

コストはどのくらいかかる?

2021年10月現在

Mac PC 1台 ¥5,180 / 年

Windows  PC 1台 ¥3,680 / 年 (今ならなんと29%off)

PCデバイス10台まで ¥6,180 / 年

必要なシステム要件

Windows PC

Windows® 10、8.1、8、7、Vista が搭載された PC、512 MB の RAM、100 MB の空き容量です。セキュリティ自動アップデートのためにインターネット接続が必要です。

対応ブラウザー:Edge、Internet Explorer、Chrome、Firefox、Opera

Mac PC

macOS10.11(El Capitan)以降で動作する Mac と 500 MB 以上の空き容量です。セキュリティ自動アップデートのためにインターネット接続が必要です。

対応ブラウザー:Safari、Chrome、Firefox、Opera

まとめ

あなたのプライバシーを守るために、プライバシーを侵害するオンライントラッキングを阻止するために、ぜひ『アバストアンチトラックプレミアム』の導入を考えてみてください。

オンラインカジノを安全に利用するためには?

最近ではオンラインカジノがパソコンからだけではなく、スマートフォンから簡単に利用できるようになりました。そのため、より気軽の楽しめるようになっているのですが、その反面で安全性についても懸念もいくつかあります。

そこでこの記事では、オンラインカジノを安全に利用するためのいくつかのヒントを紹介します。

オンラインカジノとは

まずはオンラインカジノについて簡単に解説します。オンラインカジノとはインターネットを利用してポーカーやバカラ、ブラックジャックなどのカジノゲームをプレイできるサイトのことを指します。

オンラインカジノはパソコンから利用するサービスであり、アカウントを作成するには個人情報を登録する必要があります。そのため、実際に利用する際には、オンラインカジノの安全性についてよく理解する必要があります。

また、正しいオンラインカジノに登録しなかった場合、ウィルス感染してしまったり、情報が不正利用されてしまったりなどの被害に遭ってしまう可能性も考えられます。

そのため、オンラインカジノに登録する前には、しっかりと正しい知識を身に付ける必要があります。

安全なオンラインカジノの利用

オンラインカジノを利用する際に一番重要なことが、その安全性をチェックするということです。オンラインカジノに登録するには、氏名や住所、支払い情報などを入力しなければいけません。そのため、オンラインカジノがどのようにユーザーの個人情報を扱っているかを確認する必要があります。

個人情報の取り扱いについては、各オンラインカジノのプライバシーポリシーで確認することができます。オンラインカジノによってデータポリシーは異なりますが、SSLなどの暗号化システムを導入している場合、安全性が高いといえます。このような場合、オンラインカジノとユーザーの間のデータ送信はすべて暗号化されます。これにより、個人情報の漏洩を防ぐことができます。

また、当然ですがオンラインカジノに登録する前には、ライセンスを取得しているかどうかもしっかりと確認しましょう。ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法サイトとなります。そのため、このようなオンラインカジノは避ける必要があります。ライセンスの有無は各オンラインカジノの公式サイトの下部で確認することができます。

アンチウィルスソフトの利用

パソコンを安全に利用したいのであればアンチウィルスソフトを活用しましょう。オンラインカジノではソフトやゲームをダウンロートすることが必要なので、その際にウィルス感染する可能性があります。ウィルス感染してしまうと、パソコンの中にある重要な情報がすべて流出してしまいます。

パソコンがウィルス感染してしまった場合、パソコンを買い替えなければいけなくなってしまうこともあるので、アンチウィルスソフトを事前にダウンロードしておくといいでしょう。

仮想通貨で入出金をする

オンラインカジノではクレジットカードや電子決済サービス、銀行振込などを利用して入出金することができます。これらの決済手段はとても便利ですが、オンラインカジノ側に決済情報を提供しなければいけないので、万が一第三者に情報がばれることを考えるとリスクがあるといえます。

そのような時は、仮想通貨を利用して入出金するのがおすすめです。仮想通貨であればパブリックアドレスを利用して個人のウォレットから入金します。仮想通貨を利用した場合、他の決済手段のように個人情報を提供する必要がないので、非常に安全性が高いといえます。

さらに仮想通貨を利用してオンラインカジノを利用する場合、アカウント作成時に住所や氏名などの登録をせずに利用できる他、初めて出金する際には本人確認書類を提出する必要がなくなります。そのため、プライバシーがしっかりと守られており、安全に利用することができるのです。

なるべく個人情報を提供したくないという人は、仮想通貨に対応しているオンラインカジノを利用するのがいいでしょう。

安全にオンラインカジノを楽しもう

オンラインカジノはギャンブルであり、金銭のやり取りが発生します。また、本人確認を行う必要があるため、安全なオンラインカジノを利用する必要があります。また、自分でも情報を守るために対策を行う必要があります。

オンラインカジノを利用するのが心配という方は、今回紹介したヒントを参考にしてみましょう。

また、オンラインカジノをプレイして疲れた時には、旅行をして癒しを求めるのもいいでしょう。旅行に関するおすすめ情報はここをクリック

AVG AntiVirusの特徴とは

AVG Technologies(AVG テクノロジーズ、旧社名:Grisoft)1991年に設立されたオランダのウイルス対策ソフトの企業。2016年チェコのセキュリティベンダーAvast Softwareが、AVG Technologiesを買収。2017年AvastとAVG双方の技術が結集した、「AVG AntiVirus FREE」「AVG Internet Security」「AVG TuneUp」を公開した。現在は4億人以上の顧客を世界に抱える企業となっている。

AVG Internet Securityと言えば無料のアンチウイルスソフトでご存じの方も多いのではないだろうか。2017年以降AvastとAVGの技術は相乗効果をもたらし、業界では侮れない地位を築いている。そんなAGVの特徴を紹介しよう。

AVG Anti Virusの料金プラン

○無料版

購入費・更新費ともかかりません。使える機能はウイルス・スパイウェアの検出、危険サイト&スパムの検知、PCのパフォーマンス測定の3つです。

○インターネットセキュリティ

7,980円。無料版の3つの機能+ファイヤーウォール、webカメラのハッキング防止といった5種類の機能を使えます。

○アルティメット

1万1,980円。最上位プランです。インターネットセキュリティの全機能に加え、端末の盗難防止機能、データ金庫、オンライン決済情報の保護、アプリのロックなど豊富な機能が追加されています。

AVG Anti Virusの特徴

シンプルな機能と使い勝手のバランスの良さ。

・ウイルス・スパイウェアの検出

・PCのパフォーマンス最適化

・危険なwebサイト、スパムメールの検知

など、ウイルス対策ソフトに求められる機能がもれなく搭載されており、幅広いニーズに対応しています。

非常にシンプルにまとまっており、ウイルス検出やメールチェックといった主要機能をワンクリックで表示すことが可能。海外製のセキュリティソフトに見られるわかりにくい表記もなく、初めての人も安心して使えます。

加えて無料版が用意されているのも魅力の1つ。有料版に比べて使える機能こそ限られるものの、コストをかけずにウイルス対策ソフトを試してみることができます。

コスト面

AVG Anti Virusには無料版のほか、2つの有料版が用意されており、「インターネットセキュリティ(AVG Internet Security )」とフルスペックの「アルティメット(AVG Ultimate)」があります。単純な金額だけを比較すると、ウイルス対策ソフトとしては高額な部類に入ります。有料版へ移行する際は慎重に検討した方がいいでしょう。

次に機能に目を向けると、前述の通りウイルス対策ソフトに求められる基本機能を網羅しています。無料版でもウイルス・スパイウェアの検出のほか、不正サイトやスパムメールのブロック、PC端末のパフォーマンス測定といった機能を利用することが可能です。

ウイルス対策ソフト導入を検討中の方は、まずは無料版から試してみましょう。

AVG Anti Virusのメリット

○ 危険サイトを検出

「リンクスキャナ」という機能がHTTP通信を監視し、フィッシング詐欺サイトやウイルス拡散を目的とした危険サイトへのアクセスをブロックします。通信状況に対してスキャンを行なうため、どの種類ブラウザーでもパフォーマンスが落ちたりすることはありません。

○スパムメールを高精度で検知

判定レベルの設定など多少の作業を伴うものの、有害なファイルが添付されたメールやスパムに対しても高い性能を誇ります。とりわけ2016年のアップデート以降、パフォーマンスは安定しており、第三者機関によるテストでも平均を大きく上回る97.81%のスパム検出率をマークしました。

○重要データの漏洩を防止

有料版に限った機能になりますが、重要なデータを暗号化したうえで他社が解除できないように設定したり、ファイルを完全に削除して情報漏洩を防いだりすることができます。個人情報を取り扱うことの多い企業にとっては心強いツールになるでしょう。

○ 無料版が用意されている

他社や「avast」と同様に無料版が用意されています。公式サイトからダウンロードするだけでその日、その場から使えるので、まずは無料版で使い勝手を試し、必要に応じて有料版へのシフトをオススメします。

○シンプルなUI

AVG Anti VirusのUIは必要最小限のアイコンやウィジェットを除いて装飾的な要素がほとんどなく、ウイルス検知やファイヤーウォールのステータスも色分けされたアイコン(問題があれば赤、問題がなければ緑)によってひと目で把握することが可能なシンプルな設計です。セキュリティソフトが初めての人でも、システムに不馴れな人でも操作に迷うことはほとんどなく、快適に利用できるでしょう。

最後に

ウイルス対策ソフトに求められる基本機能をひと通り揃え、シンプルかつわかりやすいUIに定評があるAVG Anti Virus。

スパムメールの検知については高い性能を誇り、動作環境も軽いので連絡手段として初めてセキュリティソフトを導入する個人や企業などにはおすすめです。

ウイルス対策ソフトを導入する際は、今回ご紹介した内容をぜひお役立ていただければと思います。

オンラインゲームでのアンチウイルスの必要性

ゲームと言えば家庭用ゲーム機を思い浮かべる人も多いと思いますが、昨今ではカウンターストライクのような大型タイトルはもちろん、一風変わったインディーズゲームも楽しめるということで、コアなPCユーザーでなくても、PCでゲームを遊ぶ人が増えてきています。ゲームで遊ぶだけならアンチウイルスソフトは必要ないのではと思う方もいるかと思います。しかし、ゲームと同時に攻略情報を収集するなどインターネットを利用するのであれば、IDやパスワードなどゲームのアカウント情報を保護するためにもアンチウイルスソフトは必要だと言えるでしょう。今回の記事はアンチウイルスソフトの必要性についてです。

オンラインゲームで遊ぶ際に考慮すべきリスク

PCがウイルスに感染してしまった際どのようなことが起こるのか例を挙げていきます。

個人情報の流出

アンチウイルスソフトがなければいわゆるフィッシング詐欺に合ってしまう可能性が高まります。フィッシング詐欺とは、犯罪者が偽物のホームページを作ってユーザーから不正にクレジットカードの情報などを取得する詐欺のことです。他にもゲームのアカウント情報を盗まれてしまえば、アカウントの乗っ取りや勝手に有料コンテンツを購入されてしまうなどの被害を受けてしまうこともあります。アンチウイルスソフトがあれば危険なサイトにアクセスするとポップアップで警告して注意を促してくれます。

ウイルス感染の危険性

アンチウイルスソフトがないとPCがウイルスに感染するリスクが増大してしまいます。ウイルスに感染するとPC内部のファイルが流出してしまったり、第三者に不正に取得されてしまったりします。また、意図せずファイルを削除されてしまう可能性もあります。そうなってしまうとゲームが起動しなくなってしまったり、最悪のケースでPCが使えなくなることもありえます。こうなると対処することが難しくなってしまうので、感染してから対策をするよりも感染する前に対策をする事が重要となってきます。

まとめ

インターネット接続によるウイルスへの感染または拡大のリスクは常に潜んでいます。上記のような被害を最小に抑えるためにアンチウイルスソフトなどで対策を練ることは必須です。なかにはPCゲームをする人のためのアンチウイルスソフトもあります。ゲーム専用のPCがあるからといってウイルス対策を疎かにせず、自分のみならず多くの人に被害が拡大しないようにするためにも一人一人が危機意識をもってアンチウイルス対策を行い、快適なゲームライフを送れるようにしましょう。

オンラインカジノでのアンチウイルスの必要性

オンラインカジノが普及したことで海外のカジノ施設まで出向くことなく、カジノを楽しむことができるようになりました。スマートフォン、タブレット、パソコンで簡単にカジノサイトに登録し、インターネット環境さえ整っていれば場所を選ばすに楽しむことができます。オンラインへの接続はオンラインカジノに限らずセキュリティ対策は必須となりますが、今回はオンラインカジノにおけるアンチウイルスの必要性に関する記事です。

オンラインカジノで遊ぶ際に考慮すべきリスク

ウイルスに感染してしまった際どのようなことが起こるのか少し例を挙げていきます。

個人情報の流出

一番考慮しなければいけないリスクは個人情報の流出です。オンラインカジノで遊ぶ際にまず必要となるのはアカウントの登録です。ほとんどのカジノサイトでは登録の際に携帯電話番号、メールアドレス、支払いのためのクレジットカード情報などが必要となります。さらには勝利金を引き出す際に、身分証明書、銀行の取引明細書、住民票などの提出を求められます。上記に挙げた例だけでもかなりの個人情報のやり取りが行われることは明らかです。ウイルス感染によるハッキングなどで個人情報が盗まれるといった場合大切なお金や住所などの情報が漏洩してしまう可能性があります。

乗っ取りによりサイバー攻撃の加害者となる

通常オンラインカジノサイトの運営会社によって厳重に管理がされていますが、カジノサイトはオンラインスロットやビデオスロットと呼ばれるスロットゲームなどを提供しているゲームプロバイダ、支払いサービスを提供する会社、アフィリエイトサイトなどの様々なオンライン事業が連携しているため、デバイスの乗っ取りにより加害者となってしまった場合の被害は計り知れません。

デバイスへの影響

オンラインカジノサイトからウイルスに感染するリスクは高いとは言えませんが、0ではありません。カジノ運営会社はたまた多くのプレイヤーがオンラインで繋がりをもっているため上記で述べたように、いずれかのデバイスがウイルスの被害にあった場合、自分のデバイスにも影響が及ぶ可能性は十分に考えられます。ウイルスの感染により先の例のような被害また最悪の場合デバイスがそもそも起動しないといった事態に陥ります。

まとめ

手軽にスロットゲームなどを楽しむことができるオンラインカジノですが、オンライン接続によるウイルスへの感染または拡大のリスクは常に潜んでいます。上記のような被害を最小に抑えるためにアンチウイルスソフトなどで対策を練ることは必須であると考えられます、また、自分のみならず多くの人に被害が拡大しないようにするためにも一人一人が危機意識をもってアンチウイルス対策することがオンラインカジノを楽しむためのマナーであるともいえるのではないでしょうか。これを機にオンラインカジノで遊ぶ際のアンチウイルス対策について考えてみませんか。

Kasperskyウィルス対策の他の製品紹介

Kaspersky(カスペルスキー)は世界でも大手のオンラインセキュリティ会社でウィルス対策ソフトウェアではトップの製品を提供する会社の一つです。ウィルス対策に特化した会社でも今では他にも様々な製品のラインアップを提供しており、総合セキュリティソフト、VPN、パスワード管理などで、パソコンやスマホでのインターネットへの接続を安全、さらには快適にしてくれます。今回の記事ではKasperskyの製品の紹介をしていきましょう。

Kaspersky Security (カスペルスキー セキュリティ)

Kaspersky Security は、マルチデバイス対応の総合セキュリティソフトです。簡潔に説明すると、ウィルス対策、危険なWebサイトへのアクセス防止、ネット決済時の保護など全般的にインターネットをご利用の際に安全にアクセスするためのセキュリティを提供してくれます。

高い防御力と使い勝手の良さで評判で、ハッキング、ウィルス、マルウェアといったネット犯罪からパソコンやスマホといったデバイスをしっかり守ってくれます。マルチデバイス対応なので、パソコン、スマートフォン、タブレットなどでの利用が可能です。

Kaspersky Security の主な機能

  • ウィルス対策
  • ハッキング対策
  • 先進技術による保護
  • プライバシーの保護
  • 自宅のWi-Fiや周辺機器の保護

Kaspersky Security for Mac

Macではアンチウィルス製品は必要ではないと言われていたものの、現代のインターネットの脅威は計り知れません。KasperskyではMac対応のKaspersky Securityも提供しています。Windows用とは少し異なりますが、同じくインターネットでの全般的な安全を提供してくれるソフトです。

Kaspersky VPN Secure Connection(カスペルスキーVPNセキュアコネクション)

Kaspersky VPN Secure ConnectionはWi-Fi利用の際に仮想プライベートネットワーク(Virtual Private Network)で通信を暗号化させ、IDやパスワードなどの個人情報や通信内容をネット犯罪者に盗み取られないよう保護してくれます。喫茶店や空港などの公共のWi-Fiを使用するときに特に役に立ち、通信そのものをサイバーアタックから守ってくれます。

IPアドレスを非表示にすることもでき、オンライン上での活動履歴の記録も防止してくれて、プライバシーの保護もしてくれます。

他にも便利な機能で、日本以外の24カ国のサーバーからサーバーロケーションが選択可能です。日本にいながらVPNサーバーを利用して仮想ロケーションを使うことにより、地域限定のある海外サイトやコンテンツにもアクセスが可能となります。

Kaspersky VPN Secure Connectionで選択可能なロケーション

  1. アメリカ合衆国
  2. イギリス
  3. カナダ
  4. 日本
  5. チェコ共和国
  6. ドイツ
  7. デンマーク
  8. スペイン
  9. フランス
  10. 香港
  11. アイルランド
  12. シンガポール
  13. オランダ
  14. ロシア
  15. スウェーデン
  16. トルコ
  17. ウクライナ
  18. メキシコ
  19. ベルギー
  20. ポーランド
  21. イタリア
  22. スイス
  23. オーストリア
  24. ブラジル

Kaspersky Password Manager(カスペルスキー パスワード マネジャー)

Kaspersky Password Managerは名前の通り、ID /パスワードやクレジットカード情報、大切なメモや画像なのデータを暗号化して保管してくれるパスワード管理ツールです。近年増え続けるID /パスワードなどを簡単に、そして安全に管理ができるとても便利なツールです。実際に覚えなければならないのはKaspersky Password Managerのメインパスワードのみとなります。

自動入力機能も便利で、自動でID /パスワードを入力してくれるのでログインする際には手間が省けます。ユーザー登録の時の住所も自動で行い、オンライン決済時のクレジットカード情報も自動で行います。決済時で利用しているサイトのセキュリティ上信頼できないようでしたら警告もしてくれますので安心して決済ができます。

Kaspersky Password Managerの主な機能

  • 自動入力機能
  • 大切な書類や画像の保存
  • パスワードの安全性
  • 管理機能

Kaspersky Security Cloud Personal(カスペルスキー セキュリティ クラウド パーソナル)

残念ながらKaspersky Security Cloud Personalはまだ日本では製品として提供していないみたいです。海外では人気で、Kaspersky Security 、Kaspersky VPN、Kaspersky Password Managerの三つを合わせた製品となっております。

そのほかにも、アカウントチェックで第三者がメール、ソーシャルネットワーク、またはNetflixなどのアカウントにアクセスするのを防いでくれます。

ホームネットワークモニターでは、外出時でも誰が自宅のWi-Fiを使っているなど確認もできますし、見知らぬアクセスを追い出すことも可能です。ドアベルや室内の温度調整などのスマートデバイスとも連動可能で、モニタリングすることもできます。

ハードドライブヘルスモニターでは、24時間いつでもデバイスのハードドライブの気温や状態を確認することができます。ハードドライブに保存している貴重なデータが沢山ある人にはおすすめで、ハードドライブに問題が起きる前にデータを失うわずに対処ができます。

Kaspersky Security Cloud Personalは子供をインターネットの脅威からも守ってくれます。YouTubeでの安全検索、Webサイトでのフィルター、スクリーンタイムとアプリの使用時間などの機能が搭載しており、子育てにも便利なツールとなっています。

Kasperskyの国際的評価

カスペルスキーはオンラインセキュリティ会社のトップ企業だけあって、長年にわたり幾つのも賞を受賞しています。トップセキュリティープロダクト賞、銀行セキュリティー賞、ベストAndroidセキュリティ2019賞、年間優秀セキュリティ企業部門の編集主任厳選2019賞、最優秀賞セキュリティープロダクト賞などがあります。

競合他社はほかにもいくつかありますが、様々な部門で受賞されるほどの商品を提供しているカスペルスキーはトップのセキュリティを提供しているからでしょう。

価格とプラン

価格はプランによって違いますし、使用するデバイスの数にもよって変わってきます。価格は以下のようになっています。

  • Kaspersky Security  ¥4,054 から
  • Kaspersky Security for Mac ¥3,647 から
  • Kaspersky VPN Secure Connection ¥2,900 から
  • Kaspersky Password Manager ¥1,595 から

スマートフォンでもアンチウィルスは必要?

近年、スマートフォンの普及は著しく上がり、誰しも皆一台持っています。スマホを使用する時間も長くなり、スマホの中は個人情報の倉庫となっています。オンラインバンクなどもスマホからアクセスする方が多いかと思います。サイバー犯罪の被害が広まる中、セキュリティを気にしない方の方が少ないのではないでしょうか。今回は、スマートフォンでもアンチウィルスは必要かどうか解説しましょう。

スマホのシステムやユーザーにもよる

結論から言うと、意見は色々あれど、十分なIT知識を持った方でしたら、システムに関わらずアンチウィルスソフトウェアは必須ではないでしょう。最近のAndroidやiOSの保護防壁もしっかりしており、スマホをマルウェアから守ってくれます。

ですが、Androidに特化したウィルスが増加しており、ITにあまり詳しくないのであればセキュリティ上危険な操作をしてしまう恐れがありますので、対策アプリを導入することをお勧めいたします。

iOSはAndroidほどではありませんが、危険なWi-Fiネットワークやデータを盗むフィッシングサイトに注意する必要がありますので、念のためアンチウィルスソフトウェアを利用する方もいます。

パソコンとモバイル端末

パソコンとモバイル端末での大きな違いは、端末だけでなくシステムもそうでしょう。Windowsに対するウィルスは他のシステムに送られてもウィルスとしての働きをしない場合がほとんどです。ですので、自分のニーズにあったアンチウィルスソフトウェアを選ぶ事が重要となってきます。

まとめ

スマートフォンは小型のパソコンといっても過言ではありません。重要な個人情報の塊ですので、心配な方は是非、アンチウィルスソフトウェアを使ってみてはいかがでしょうか。