カジノ・オンラインゲームを安全にプレイできるPC用アンチウイルス 

有害なウイルスは、不審なメールや怪しいウェブサイト、あるいは得体の知れないUSBメモリなどを通して、あなたのPCにダウンロードされる可能性があります。しかし、PCにウイルス対策ソフトウェアを使用することで、ウイルスからPCを最大限に保護することができます。マルウェア対策ソフトは、オンラインカジノを利用する際に、有害なウイルスソフトを発見し、パソコンから削除し、データを保護します。インターネット上には、いくつかのタイプのPC用マルウェア対策ソフトウェアがあります。この記事では、オンラインでカジノゲームをプレイする際にPCを保護するために使用できる、さまざまなアンチウイルスソフトウェアについて説明します。 

以下は、お気に入りのカジノゲームを安全にプレイできるPC用アンチウイルスソフトです。 

  • サーフシャーク・ワン 
  • TotalAV 
  • ノートン 
  • アビラ 
  • イーセット 
  1. サーフシャーク・ワン 

このマルウェア対策ソフトウェアがあれば、カジノゲームオンライン を安全にプレイすることができます。Surfshark OneをPCにインストールすれば、高品質のVPN、最高のゲーム用アンチマルウェア、カジノアカウントを保護するための情報漏えい通知機能を利用できます。高速かつ適度なマルウェア対策スキャンを提供するほか、このソフトウェアでは、スキャンをプログラムして、スキャン開始前に最も重要なマッチを取得することができます。ゲームのアンチ・チートが悪質であると判断された場合、ユーザーは一部のゲームをスキャン対象から外すことができます。 

このソフトウェアをPCで使用することにより、オンラインで安全にカジノゲームをプレイすることができ、外国人プレイヤーを受け入れないリージョンロックされたカジノでプレイすることができます。Surfshark Oneは、ゲームサイトがそのプラットフォームでウイルスに感染している場合に通知することで、リアルタイムのセキュリティを提供します。その結果、パンターは、トロイの木馬を排除するためにスケジュールされたスキャンを待つのではなく、マルウェアに遭遇したらすぐに簡単に対処することができます。

Surfshark Oneは、あなたのカジノアカウントが盗まれた場合、インターネットをスキャンするのに役立つデータ侵害監視機能を備えています。このような状況では、オンラインゲームをプレイ中にサイバー犯罪者にハッキングされないように、ログインを変更できるように、速やかに通知されます。 

  1. TotalAV 

TotalAVは無料のアンチマルウェアソフトウェアで、フレンドリーなユーザーインターフェースを持ち、トロイの木馬から 簡単にPCを保護することができます。マルウェアからPCを保護する一方で、そのVPNはプレミアムゲーミングパフォーマンスを保証します。その広範なスキャンは、最も欺瞞的なトロイの木馬を検出することが保証されています。 

訪問するすべてのウェブサイトをスキャンし、悪質と判断された瞬間にブロックするには、このトロイの木馬対策アプリケーションをブラウザに統合することができます。このアンチウイルスソフトウェアをパソコンにインストールすると、パターンやピンを使って、不要な入力からカジノアカウントをロックすることができます。TotalAVは無料のアンチマルウェアアプリケーションですが、手頃な価格でそのプレミアムバージョンを入手することができます。 

  1. ノートン 

ノートン・アンチウイルス・ソフトウェアは、あなたのアカウントの詳細を保護するであろう機器のコレクションが付属している著名なアンチマルウェアアプリケーションです。これらのツールの中には、パスワードマネージャーとダークウェブ監視があります。リアルマネーゲームをプレイするためにバンクロールに資金を供給するときはいつでも、このアプリケーションのLifeLock機能があなたの財務情報を操作されないように保護します。このトロイの木馬対策アプリケーションをPCで使用すると、インターネットを常にスキャンし、あなたのデータがオンラインで発見された場合に通知します。 

ノートン・アンチマルウェアは、あなたのPCで得られる最も強力なトロイの木馬スキャンのいくつかを提供しますが、それはウイルス感染を防ぐために設計されています。あなたがすべきことは、あなたのPCのバックグラウンドでそれを実行し、あなたが訪問するすべてのサイトをスキャンすることです。さらに、このアンチウイルスソフトウェアをPCのバックグラウンドで実行させることで、Wifiネットワークを介してアカウントの詳細が操作されるのを防ぐことができます。 

  1. アビラ 

PC を使用してオンラインカジノゲームをプレイする場合、Avira はトロイの木馬に感染しないよう無料で入手できる最高の保護ツールです。操作は簡単で、コンピュータのデータへの影響も最小限に抑えられます。このアンチウイルスソフトウェアは、ゲームのパフォーマンスを向上させるためにパソコンをスピードアップさせる機能も備えています。Aviraは無料のトロイの木馬対策ソフトウェアですが、ギャンブラーの財務保護やパスワードマネージャーを提供するプレミアムバージョンもあります。これらの機能により、ギャンブラーは常に強力なパスワードを持つことができ、ゲームアカウントは常にハッカーに対抗することができます。 

  1. イーセット 

このアプリケーションは、PCでオンラインカジノゲームを安全にプレイできるようにする、市場で最も優れたアンチマルウェアの1つです。ESETは、ポップアップウィンドウをブロックし、中央処理装置の使用を削減することができるゲーマーモード機能を備えています。このトロイの木馬対策アプリケーションを使えば、ギャンブラーはFPSを向上させ、ポップアップによってゲームが中断されることがないようにすることができるのです。 

ESETは、アンチウイルススキャナが非常に軽いので、要求の低いゲームをプレイするときはいつでも簡単にバックグラウンドスキャンを実行できるようになる。そのほか、盗難防止機能やパスワードマネージャーも搭載されており、PCでオンラインカジノゲームをプレイする際に最大限の保護をしてくれる。 

最終的な感想 

危険なウイルスは、PCのパフォーマンスに影響を与え、ゲーム活動にも悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、強力なトロイの木馬対策アプリケーションをパソコンにインストールすることで、あらゆるウイルスの脅威を回避することができます。前述のソフトウェアをダウンロードして、トロイの木馬からPCを最大限に保護し、オンラインゲームをプレイする際にあなたの財務および個人情報を保護しましょう。

入門者におすすめしたいVPN機能付きセキュリティソフトを基本知識とともにご紹介!

ドラマに映画、アニメに音楽。お得な情報やサービスまで。

そんな私たちの生活をより豊かにしてくれるサブスクリプションですが、「契約しすぎて月の支払額がとんでもないことに…」なんて話もあるあるですよね。

でも実はその契約しすぎ問題、VPNという裏ワザによって簡単に解決できてしまう節約術があることをご存じでしょうか!?

ただし、甘い蜜には毒があることを忘れてはなりません。

今回はVPNをこれから使いたい方に向けて、VPNを安心安全に使用可能なセキュリティソフトを、VPNに潜む危険性を踏まえてご紹介させていただきます!

VPNって…

「VPNを使うとサブスクが安く契約できるらしいとは聞いたけど、詳細は…」という方がほとんどかと思います。

まず始めに私たちが使おうとしているVPNについて簡単におさらいしておきましょう。

VPNとは通信手段のひとつ

私たちが日常的に使っているメールやメッセージのやり取りを想像してみてください。

個人同士のやり取りをはじめ、一社会人としてのやり取りまで。

また、その内容には個人情報や機密情報などが含まれることもありますよね。

もし、外部からの攻撃によってそれらの個人情報や機密情報が漏れてしまえば、大きな危険や損害に繋がり兼ねません。

そんな情報漏洩からデータを暗号化して守ってくれるのがVPN接続です。

イメージとして、「VPNという名のトンネルを通ることで情報が暗号化されて安全に伝達できる」と思っていただければ十分です。

VPNでサブスクが安くなる仕組み

VPNの概形についてはなんとなくわかっていただけたかと思います。

続いては、なぜVPNを使うとサブスクが安く契約できるのかについて簡単に説明させていただきます。

接続地の偽装

国内でトヨタの車を購入する場合と海外で購入する場合とでは価格や仕様が異なりますよね。

左ハンドルであったり寒冷地仕様であったりなど。

それと同様のことがサブスクリプションの契約にもいえるのです。

つまり、VPNによってインターネットをどこの国から接続しているのかという接続情報を偽装することで、サブスクリプションをその現地の価格で契約することができてしまうのです。

あくまで合法的な方法

偽装という言葉を聞いて不安になったかとも多いかと思います。

しかし、今回取り上げているVPNの活用方法については完全に合法的な方法であるため安心してください。

ただ、中国やロシアなどの一部の国ではVPNの使用自体が禁止されているケースもあるため、特に海外在住の方は注意が必要です。

VPN活用術の表と裏

サブスクを安く契約できるという節約術は、多くの方にとって嬉しいことですよね。

しかし、当然ながら良い点ばかりではありません。

VPNを活用する前にそのメリットとデメリットについて一緒に確認しておきましょう。

メリット

「YouTube Premiumで鬱陶しい広告を削除したい」「Netflixで話題の限定作品を楽しみたい」とは思いつつも、他のサブスクと比べてやや割高な価格を前に躊躇してしまいがちですよね。

ここでVPNの出番です。

例えば、VPNによって接続情報を日本からではなくアルゼンチンから接続しているよう偽装すると、日本では月額1,180円かかるYouTube Premium 料金を月額130円にまで抑えることが可能です。

このようにVPNを使ってYouTube Premiumを安く契約することもできるのです。

また、NetflixやAmazon Primeなどの配信サービスでは接続地とした国のコンテンツが表示されるようになります。

例えば、日本国内のNetflixではジブリ作品は見ることができませんが、VPNによって海外版にアクセスするとジブリ作品を見ることができるようになります。

デメリット

メリットでも紹介した国内版と海外版では表示されるコンテンツが異なるというのは、海外版では国内限定配信の作品は見られなくなるということでもあるため、人によっては安くなる以上のデメリットにもなり兼ねません。

なんといってもVPNで接続情報を偽装する際、もっとも気をつけなければならないのがセキュリティ面です。

PCやスマホなど、端末を選ぶことなくアプリを介して簡単に使用できてしまうのがVPNの強みではありますが、簡単さがゆえにVPN接続は100%安全であるとは言い切れません。

VPN付きのセキュリティソフト

そんなVPN接続のもしもの不安を解消するにはVPN接続が可能なセキュリティソフトの使用がおすすめです!

それでは最後に特におすすめのVPN機能を搭載したセキュリティソフトを2つご紹介させていただきます。

ハイスペックソフトなら「ノートン360」

主にパソコンのセキュリティソフトとして名高いノートン。

そんなノートンから販売されている「ノートン360」最大の魅力は、追加料金なしで容量無制限のVPN接続を可能としている点です。

さらに、VPN接続の他にもダークウェブモニタリング機能やバックアップ機能など非常に豊富な機能が標準搭載されている点も魅力的です。

ただ、他のセキュリティソフトよりもハイスペックなためやや高めな金額となっています。

とはいえ、機能をフルに活用できるのであればむしろコスパに優れた製品であるといえます。

また、ノートンからは「ノートン セキュアVPN」というVPNサービスを単体で扱った製品も販売されているためこちらも検討してみてください。

コスパ重視の「ZERO スーパーセキュリティ」

ZEROもパソコンのセキュリティソフトとして老舗のメーカーです。

そんなZEROの「ZERO スーパーセキュリティ」ですが、その魅力はノートンに引けを取らない多機能性にもかかわらず、ものすごく安価な点にあります。

ただひとつ、無料でVPNサービスを利用する際、200MB/日という利用制限があるため計画的な利用が必須となりそうです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

サブスクリプションの支払いってついついかさばってしまいますよね。

今回紹介させていただいた方法を参考に月の固定費を見直してみてはいかがですか?

くれぐれも安くなったからといって、多く契約しすぎないよう気をつけてくださいね(笑)

おすすめの無料セキュリティソフトは?有料版との違いも解説

アカウントの乗っ取りやフィッシング詐欺などの防止のためのセキュリティ対策はしていますか?インターネットが身近であるからこそ、自分の情報や自分とつながりのある人の情報が漏洩してしまわないよう対策をとることは重要です。コストが…という方でも利用できる無料セキュリティソフトを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

無料版セキュリティソフト おすすめ

セキュリティソフトはウイルス対策ソフトやアンチウイルスソフトなどと呼ばれ主にコンピュータウイルスを検出し除去するソフトのことです。ウイルスや不審な動作が確認されるプログラムを検出し駆除やアクセス制限を行ってくれます。セキュリティ対策ソフトを入れておくことによって自分で発見できないコンピュータウイルスなどからの脅威から守ってもらえるので、入れておくと安心してコンピュータを使用することできるといえます。セキュリティ対策ソフトは値段が高そうと思う方も多いのではないかと思いますが、なんと各セキュリティ対策ソフトのプロバイダが無料版を公開しているため無料でセキュリティ対策することができるのです。ここでは有料版と比較しながら無料版セキュリティソフト オススメをまとめてみましたのでぜひチェックしてみてください。

アバスト無料アンチウイルス

世界最大規模のユーザー数を誇るセキュリティソフトウェア会社の提供するアバスト無料アンチウイルスは無料版でもかなり高い評価を得られていることで有名です。そのため、他者と比較すると動作が軽いので使いやすいといえるでしょう。さらに日本語で使用可能なので英語が苦手という方にも安心してしようできるといえるでしょう。

使える機能

  • マルウエア対策
  • ランサムウエア対策
  • パスワード管理
  • ハックアラート
  • Wi-Fiスキャン

有料版との比較

詐欺サイトや怪しいアプリを回避する機能、ウェブカメラのぞき見防止、データー完全消去、アプリ自動更新の機能が無料版では搭載されていません。さあらに電話サポートは有料版のみで利用可能となっています。

AVGアンチウイルス無料版

こちらのAVGは日本でのユーザーが多い無料アンチウイルスソフトとなっていて、長期に渡り日本語でのサポートに対応してきた老舗のセキュリティソフトといえます。無料版のアバストとAvairaと比較するとやや性能が落ちるようですが、セキュリティ対策ソフトとしては十分に動作しますので使用には問題ないといえます。さらにアバストに買収されたため性能の向上が期待できそうですが、これから使うかたはアバストをアバストのものを使用で問題ないと考えられます。

使える機能

  • ウイルスやマルウエアをブロック
  • ランサムウエア対応

有料版との比較

Wi-Fiセキュリティ、偽のウェブサイトの回避、フィッシングサイトからの保護、独自VPN、電話でのサポートは含まれていません。以前無料のブラウザ拡張機能が備わっていましたが、脆弱性が発見されこの機能は停止されていますので使用するなら有料版の方がオススメと言えるでしょう。

Avira Free Antivirus

Aviraはトップレベルの性能のセキュリティ対策ソフトを提供する会社として知られ有料版の評価は抜群といえるでしょう。無料版は機能が少なくなりますが、有料版の評判はよいため安心して使えるソフトのひとつと言えるでしょう。注意点としては日本語対応が不十分なところがあるようですので、日本語で使用できるものをお探しの方は避けた方が無難かもしれません。

使える機能

  • マルウエア対策
  • 無料の500MBまでのVPN利用可能
  • Avira Safe Shopping

有料版との比較

無制限の独自VPN、広告なし、ダウンロード・電子メールの保護機能、ソフトウエアの自動アップデート機能、アンチトラッキング機能が有料版では搭載されています。日本語のサポートがないようなので、有料版の利用時も英語に不安がある方は考えてからの購入がいいようです。

 

Windows Defender

Windowsに標準搭載されているセキュリティソフトであり、性能の評価はいまいちという見解が多かったなかWindows10では性能が向上し評価があがってきているようです。現在では十分に機能するソフトウェアとして認知されているようですので、問題なく使用ができるでしょう。Windowsにはベットインストールする必要がないのでとても簡単に導入できます。

使える機能

  • ランサムウエア対策
  • マルウエア対策
  • ペアレンタルコントロール機能
  • 電話サポートあり

有料版との比較

Windowsの提供する有料のものは追加機能の使用を可能としますが、各製品によって異なるのでここでは説明を割愛します。

無料版と有料版との違いのまとめ

無料版のセキュリティ対策ソフトについて紹介していきましたが、無料版と有料版のおおまかな違いを最後にまとめていきます。初心者やITに不慣れな方は無料版のセキュリティソフトでは補えない部分があり、自分でその他の対応をとる必要があることを頭に入れておく必要があります。

  • 無料版では基本のマルウエア対策のみが使用可能
  • 無料版では電話などのサポートが受けられない

最後に

無料セキュリティソフト おすすめとともに無料版と有料ばんのセキュリティ対策ソフトの比較を行ってきました。無料版では低コストで導入できますが、性能は有料版と比較すると低くなってしまうので、自身での対応が必要となることを常に意識するとよいといえるでしょう。まだ、なにも対策をとっていなかったという人はひとまずセキュリティ対策のために、無料版をダウンロードしてみることをおすすめします。

日本はなぜキャッシュレス時代の波に乗り遅れているのか?

世界全体でキャッシュレス化が進み、キャッシュレス 財布を持たずに買い物ができるなど大変便利な時代となりました。しかし、まだまだ現金で支払う習慣が根強い日本では、キャッシュレスという時代の波に乗り遅れている感が否めません。

世界のキャッシュレス普及率

世界銀行が公開した、2021年度の世界キャッシュレス普及率上位ランキングは、以下の通りです。

  • 1位 韓国 94.7%
  • 2位 中国 77.3%
  • 3位 カナダ 62.0%

日本のお隣である韓国は、世界で最もキャッシュレス化が進んでいます。特にクレジットカードでの支払いがほとんどで、その背景には消費者や店舗にメリットが得られるような制度が作られたことにあります。

4位以降の国々でも40〜60%台となっているのに対して、日本は32.5%と世界と比べてもまだまだキャッシュレス普及率は低い状況です。

キャッシュレス先進国といわれる北欧・スウェーデンでは、公共交通機関での現金取扱い停止、現金を取り扱わない銀行の設置、ATMが削減されるなど、国を挙げてキャッシュレス化が進んでいます。

日本のキャッシュレス化が遅れている5つの原因

消費者側の視点

現金志向が強い

日本は偽札の流通が少なく「現金に対する信頼度」が非常に高いです。また、他の国と比べると盗難が少なく、現金を落としても戻ってくる可能性が高いという「治安のよさ」があります。そういった点から、現金を持つことに対する抵抗がなく、まだまだ現金志向が強く根付いています。また、銀行やATMといった金融基盤が整っており、現金の入手が容易で現金決済に不便さを感じていないという点も挙げられるでしょう。

キャッシュレス化のメリットが感じづらい

日本は現金信仰が極めて強い国で、キャッシュレスにネガティブなイメージを持ったり、キャッシュレス メリットを感じづらい人が多く、キャッシュレス決済に消極的です。ほとんどのキャッシュレス決済でポイントが還元されますが、ポイント以外のメリットは少なく、ポイントを貯めることに興味がない人はメリットが感じづらく、現金決済で済ましてしまいます。

決済手段が多すぎる

現在の日本には、お馴染みのクレジットカードや交通系ICカードなど、数多くのキャッシュレスサービスが存在し、次から次へと新しいサービスが登場しています。ところが、サービスが多すぎで複雑化している印象にあり、どれを選ぶべきかわからなくなってしまうことも・・・。その結果、現金決済に利便性を感じてしまうのかもしれません。

事業者側の視点

導入・運用コストがかかる

店舗側がキャッスレスを導入する際に懸念してしまうのが、初期費用や運用コストです。日本には様々なカード決済方法があるため、店舗側は各決済方法に対応した端末を導入する必要が生じてしまいます。当然、対応する決済方法が多ければ多いほど、導入コストや運用コストがかかり、多くの手間がかかってしまうのです。そういった理由から、導入に踏み切れない店舗が数多く存在します。

手数料が高い

店舗がキャッシュレスを導入しない最大の理由は、決済手数料の高さです。決済ごとに手数料がかかり、それは店舗側の負担となります。手数料のパーセンテージは業態によって異なりますが、それは大きな負担ともいえるでしょう。特に、小規模なお店では営業利益率よりもはるかに高い手数料となり、大幅な赤字になってしまうことも。よって、導入がなかなか進まず、現金決済を優先する店舗が多くなっています。

日本のキャッシュレス化は加速していくのか?

「キャッシュレス後進国」という現状の日本ですが、ついに政府がキャッシュレス化に対して本腰を入れて取り組むようです。政府の方針では、キャッシュレス決済の比率を2025年までに40%、最終的には世界的にも高水準の80%にすると定められています。

また事業者に対しては、補助を行うなどの対策が行われており、少しずつキャッシュレスが導入されつつあります。一方、消費者に対しても「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施されており、キャッシュレス決済を利用する人が増えてきました。今後は消費者側、店舗側に対するメリットが増えていき、日本のキャッシュレス化はさらに加速していくでしょう!

ウイルスによる被害を受けないために!アンチウィルスの基礎知識

誰もがスマホやパソコンを持つような時代になった現在、日常的にインターネットに接続したり、銀行アプリで振り込みをしたり、あらゆることができるようになりました。しかし、情報技術の発達でインターネット犯罪も増えてしまいました。

今回は、ウイルスによる被害を受けないために「アンチウイルスに関する基礎知識」を紹介していきます!

アンチウイルスとは

アンチウイルスとは、PCやスマホに侵入するコンピュータウイルス、マルウェアなどの感染や拡大を防ぐ・検出・除去する対策のことを指します。アンチウイルスソフトは、「セキュリティソフト」や「ウイルス対策ソフトウェア」などとも呼ばれています。

コンピュータウイルスやマルウェアについて

コンピュータウイルスとは、サイバー攻撃の一種であり、自立や動的に活動をせずにプログラムファイルからプログラムファイルへと感染するものを指します。悪意のあるソフトウェアは「マルウェア」と呼ばれていますが、malicious(悪意のある)とsoftware(ソフトウェア)の2つの単語が組み合わさってできた造語です。

マルウェアは、ユーザーのスマホやPCに不利益をもたらす悪意のあるプログラムやソフトウェアを総称する言葉なので、コンピュータウイルスはマルウェアの一種となります。実際に被害を受けないと影響を実感しにくいのですが、企業や組織だけでなく個人を標的としたサイバー攻撃もあり、誰でもどこからでも被害を受ける可能性があります!

アンチウイルス対策をしない場合に起こりうる被害とは

アンチウイルスをしない場合、マルウェアの被害を受ける可能性があります。スマホでも対策していないと、ウイルスに感染する場合がありますので要注意です!

IDやパスワードなどの個人情報の流出

IDやパスワードが知らないうちに盗まれ、使用しているサービス、ツール、銀行などを悪用される可能性があります。その結果、個人情報だけでなく、重要な機密情報が抽出されたり、なりすましによる悪意のある犯罪に利用されたり、情報漏洩などの恐れがあります。

会社や家族のデバイスへの二次感染

マルウェアは、万が一自分のPCやスマホに侵入してしまった場合、そのデバイスだけではなく周囲のデバイスや社内外にもウイルス感染を拡大させるリスクがあります。サイバー攻撃による被害者が間接的に加害者にもなってしまいますので、注意しましょう!アンチウイルスを導入していなければ、コンピュータウイルスに感染したことさえも気付かずに、デバイスを使い続けることになってしまい、被害を一気に広げてしまいます。

おすすめアンチウイルスソフト3選

PC、スマホ、タブレットなどのデバイスにインストールできる、信頼性が高いマルチデバイス対応のアンチウイルスを3つリストアップしました!価格情報やスペック情報は、各アンチウイルスの公式サイトからご確認ください。

  • カスペルスキー・トータル・セキュリティ
  • アバスト・プレミアム・セキュリティ
  • ビットディフェンダー・トータル・セキュリティー

【重要】アップデートして、最新バージョンを維持しよう!

「デバイスを守りたいけど、アンチウイルスが重いから・・・」などと言って、“アンチウイルスを入れない”という選択肢はないと考えてください!上記でも説明したように、知らないうちに他人のデバイスへ感染させ、加害者ともなりえます。知らなかったでは済まされない事態になりかねません。

また、アンチウイルスソフトはインストールたら「そのままでOK」というわけではありません。日々進化していくウイルスやマルウェアも防ぐことができるように、アンチウイルスはアップデートし、最新の状態に保つことが必須です。アンチウイルスだけではなく、デバイスのシステムも最新の状態にしておく必要があります。そうしなければ、コンピュータウイルス対策としての効果を失うことになります。

【最新】フィルムカメラなのにフィルム無し!?「デジスワップ」とは

昭和回帰の「レトロブーム」が続く中で、フィルムカメラが大復活しました!フィルムカメラとiPhoneを合体させ、心を揺さぶられる写真やビデオの撮影ができる新しいガジェット「デジスワップ(DiGi SWAP)」は、「フィルムカメラなのにフィルム無し!?」という話題から、多くの人の注目を集めています。

Continue reading “【最新】フィルムカメラなのにフィルム無し!?「デジスワップ」とは”

コンピュータウイルスって何?その種類・感染経路と駆除方法などを紹介!

パソコンを使用する上で、絶対に気を付けなければいけないことはセキュリティ対策です。でも、どうしてそれが必要なのかが分からないことには、その重要性が伝わりませんよね。今回はパソコンにあまり詳しくない方に向けて、コンピュータウイルスにはどのような種類があり、どのような被害があるのかを解説します。

コンピュータウイルスとは?マルウェアとは?

コンピュータウイルスとは、パソコンに何かの損害を与える(攻撃やデータを盗む)ために作られたプログラムの一つであり、自己伝染機能、潜伏機能と発病機能のいずれか1つ以上持っています。コンピュータウイルス単体では存在も活動もできず、宿主となる他のファイルが必要です。

さらに、感染しても普段はパソコンに変化が見られず、メールやExcelなどのファイルに潜伏し、それを利用して被害を広範囲に拡大させます。こういった特徴が、病気のウイルスに似ているため「コンピュータウイルス」と名付けられました。

そして、意図的に作られた悪意のあるプログラム(ソフトウェアやコード全体)を「マルウェア」と言います。そうなんです!コンピューターウイルスは、数あるマルウェアの中の一種なんです。マルウェアの方が上位の概念と捉えてください。マルウェアには、コンピュータウイルス以外に「トロイの木馬」や「ワーム」などがあります。

マルウェアの種類

マルウェアにはたくさんの種類がありますが、ここでは代表的なものを4つご紹介します。

ファイル感染型

ファイル感染型とは、EXEやCOMなどのプログラムファイルに寄生・増殖するコンピューターウイルスです。ファイル感染型には上書き型と追記型があり、復元が困難である上書き型は感染した元ファイルを完全に上書きします。一方、復元可能な追記型では、元の正常なファイルの一部に付着したり、使用されていない領域に不正なコードを書き込んだりします。

マクロ感染型

マクロ感染型とは、マイクロソフト製品であるWordやExcelのマクロ機能を悪用したコンピュータウイルスのことで、文書作成や表計算における簡単な作業を自動化できるマクロ機能を利用しています。マクロ感染型ウイルスはマクロ機能を悪用し、文書や表計算ファイルに感染し、自己増殖やファイルの破壊活動を行ったり、それを電子メールに添付して無差別に送りつけたりして、マクロウイルスの感染を広げていきます。

ワーム

コンピュータウイルスと同じくワークも自己増殖が可能ですが、自己以外のプログラムに寄生せずに単独で行動できるため、コンピュータウイルスよりも感染力が強いマルウェアです。

トロイの木馬

よく耳にするトロイの木馬は、画像や文書、アプリケーションなどの正常なファイルになりすまして、ユーザーが気づかない内に破壊活動をしたり、データを流出させたりするマルウェアです。トロイの木馬は単独で動作ができますが、ワームのように自己増殖をしないため、注意深く警戒していれば感染せずに済む確率は高くなりますが、勝手にダウンロード、インストールするタイプもあるため油断はできません。

コンピュータウイルス 感染した際の駆除方法

気を付けていても、コンピュータウイルスに感染してしまうことがあるかもしれません。万が一コンピュータウイルス 感染したら、まず他のパソコンへ感染を広げないためネットワークから切り離すことが大切です。

次に、セキュリティ対策ソフトでウイルススキャンを行い、コンピュータウイルスの駆除を行いましょう。セキュリティ対策ソフトが自動で削除してくれることもありますが、手動でシステム全体の「完全スキャン」をし、隔離されたファイルが無力化の処理がされます。

おすすめセキュリティ対策ソフト

いきなり「セキュリティ対策ソフトを使おう!」と言われたところで、どれがいいかわかりませんよね?ということで、ここからはおすすめのセキュリティ対策ソフトを5つ紹介します。どれもサイバーセキュリティの性能を評価する有名な第3者機関の発表で高く評価されています。

  • カスペルスキー セキュリティ:AV-Comparativesにて6年連続1位!
  • アバスト プレミアム セキュリティ:業界随一4億以上のユーザーと権威ある評価機関が認める
  • ZEROウイルスセキュリティ:価格が安く、更新料も0円!大変お得なセキュリティソフト
  • ノートン 360使いやすい上、操作も軽快!機能豊富な万能セキュリティ対策ソフト!
  • ESETインターネットセキュリティ:古くて低スペックのパソコンでも使える

最後に

セキュリティ対策の必要性を理解していただけましたか?ネットの脅威が増え続ける中で、セキュリティ対策の重要性はますます高まっています。あなたもセキュリティ対策ソフトを選んで、定期的にウイルスチェックをしましょう。

これだけは知っておきたい!コンピューターウイルス対策

現代では、ランサムウエア、マルウエア、データ侵害、その他のサイバーセキュリティの脅威が急激に増加しており、インターネットセキュリティとウイルス対策ソフトウェアは以前よりもますます重要になってきています。

今回は、ウイルス感染を防止するためにウイルスの感染経路やおすすめのセキュリティソフトを紹介しながら、コンピューターのウイルス対策について考えてみたいと思います。

コンピューターウイルスの感染経路

パソコンやインターネットを安全に活用するためには、コンピューターウイルスに感染しないように予防していくことが大切です。ここでは、ウイルスの感染経路ご紹介します。

メールによる感染

メールに添付されたファイルを開いてしまったり、HTMLメールを閲覧すると感染します。現在感染経路の大半がメールによるものです。

ホームページからの感染

ホームページなどで動作するプログラムに組み込まれていて、ホームページの閲覧やファイルをダウンロードして実行すると感染します。

不正侵入による感染

OSの通信機能の欠陥を狙って、パソコンに不正進入し感染します。

ファイル交換による感染、その他インターネットを経由したファイル交換ソフトやインターネットメッセンジャーから感染します。また、インターネットを経由しなくてもCD-ROMやフロッピーディスクなどのファイルの交換でも感染します。

セキュリティソフトのおすすめ5選

パソコン・サーバ・スマートフォンなどのデジタル端末を、インターネット上の脅威から守り、安全性を高めるソフトウェアが「セキュリティソフト」です。別名として、ウイルス対策ソフトやアンチウイルスソフトなどとも呼ばることもあります。

パソコンセキュリティソフトの役割は、ウイルスやランサムウェアなどのマルウェアを端末から除去して感染を防いだり、危険なWebサイトへのアクセスを警告したりと、多種多様です。ここからはおすすめのセキュリティソフトを5つご紹介していきます。

アバスト プレミアム セキュリティ

日本国内での知名度は、他のセキュリティソフトに比べると低いものの、世界全体では約4億人というユーザを抱え、世界最大規模のシェアを誇っています。その理由は、有料版と同等の機能を備えた無料版を提供していることにあります。多くのユーザーから吸い上げた脅威情報を資産に、性能をさらに高める努力を続けるセキュリティベンダーです。

カスペルスキー セキュリティ

ロシアのカスペルスキー社のセキュリティソフト。日本での知名度は下がるものの、第三者評価機関による比較テストと製品レビューでは常にトップクラスの成績を収めるなど、性能面で優れたソフトウェアです。Windows・Mac・Androidと、プラットフォームを問わない総合セキュリティソフトで、ウイルス対策から危険なWebサイトへのアクセス防止、ネット決済時の保護など多くの機能を備えています。

ESETインターネットセキュリティ

動作の軽さ・性能の高さ・安さのバランスが良いセキュリティソフト。中でも「動作が軽い」点で評価が高く、業務の邪魔をしないセキュリティソフトとして、ファンも多いソフトウェアです。

ノートン 360

Symantec(シマンテック)社からリリースされているノートンシリーズは、セキュリティ対策ソフトの定番と言われている製品の1つ。Windows・Macのマルウェア対策から、パソコンの最適化・ディスククリーンアップ・データのオンラインバックアップなども可能という、オールマイティなセキュリティソフトです。

ウイルスバスター クラウド

トレンドマイクロ社のソフトウェア。特に日本でのシェアが高く、利用者が多い定番ソフトの1つです。ウイルスバスター クラウドは、高い防御力と軽さを両立しつつも使いやすいことに加え、サポートが手厚いことが特長です。

最後に

新しいパソコンやスマホを買ったら、セキュリティソフトを即インストールしておくことはもはや常識になりつつあります。自分自身が何を重視するかを良く検討した上で、条件を満たしたセキュリティ対策することをおすすめします。

アンチウイルスはなぜ必要なの?

サイバー空間は脅威に満ちております。脅威は日々進化を続けていき、現代のコンピューターシステムは、ウイルスや他のマルウェアからコンピューターを守るためにウィンドウズセキュリティーやファイアーウォールといった、パソコンに既に組みこまれた保護ソフトウェアが通常付いています。ただし、これらの既に組み込まれたセキュリティープログラムが全てのウィルスやマルウェアからパソコンを防ぐことのできません。

そのため、個人情報漏洩を防ぐ為にも、パソコンに組み込まれた保護と一緒に作動する強固なアンチウィルスプログラムをインストールしておく必要があります。これは、ウィルスなどの攻撃からパソコンのシステムを守るための重要なステップです。無料のアンチウィルスもありますので、使ってみては如何でしょうか。

ライセンスを取得している安全なオンラインカジノサイトでは、暗号化システムの採用など既にセキュリティ対策はしっかりと行われており、プレイヤーの個人情報や決済情報が漏れる可能性はほぼありません。しかし、インターネット上に存在する以上、いつウィルス感染してしまうかは誰にもわかりません。そのため、より安全にオンラインカジノを利用したいのであれば、個人でアンチウィルス機能を使用するのがいいでしょう。

アンチウィルス機能はどのように作動しますか?

近年では、アンチウィルス機能は劇的に進歩しております。最初のアンチウィルスは、個々のウィルスをターゲットにしていましたが、現在ではアンチウィルスはパソコン、ネットワーク、他のスマート機器を保護するためにも様々な技術の組み合わせを使用します。現代のアンチウィルスは、ウィルスをマルウェアを見つけ出すために、3つの共通した手法や技術を使います。それらについて、詳しく説明していきましょう。

個人情報管理を強化してプライバシーを保護する「アバストブリーチガード」の提供を開始

チェコのAVAST Softwareは3月1日(日本時間)、インターネット上の個人情報管理をより強化するプライバシー保護製品「アバスト ブリーチガード」の提供を開始した。

ブリーチガードであなたのプライバシーに鉄壁の保護を

 「アバスト ブリーチガード」は、無料セキュリティソフトでお馴染みのAVAST社が開発したWeb上のプライバシー保護製品。24時間365日、個人の情報漏洩を監視する機能を備えており、常時ダークウェブを自動でスキャンし、ユーザーの個人情報が流出していた場合は直ちに通知して、対応方法を提案しています。

・個人データの侵害を24時間監視

ハッカーから悪用されないように、個人情報が漏洩(流出)していないか確認をします。

・真のプライバシーを取り戻す

企業が勝手に収集し、利用している個人情報の取得を制限できます。

・プライバシーの適切な守り方についてアドバイス

オンライン アカウントのプライバシー設定の調整方法についてアドバイスを受けることができます。

アバスト ブリーチガードをインストール方法

アバスト ブリーチガードは有料製品であり、使用にはサブスクリプションが必要です。この記事には、有料サブスクリプションをアクティベートする前にアバスト ブリーチガードをインストールする方法について説明します。

1.下のボタンをクリックして アバスト ブリーチガード セットアップ ファイルをダウンロードし、お使いの PC のわかりやすい場所に保存します(デフォルトでは、ダウンロードされたファイルは [ダウンロード] フォルダーに保存されます)

2.ダウンロードしたセットアップ ファイル 【avast_breachguard_setup.exe】 を右クリックし、コンテキスト メニューから [管理者として実行] を選択します。

3. [ユーザー アカウント制御] ダイアログで許可を求められたら、[はい] をクリックします。

4. インストールを開始するには、初期画面の [今すぐインストール] をクリックします。

5. インストール マネージャーがお使いの PC にアバスト ブリーチガードをインストールするまでお待ちください。

6. [アバスト アカウントに接続] 画面が表示されたら、次のとおり該当するタブを選択します。

・サインイン:すでにアバスト アカウントをお持ちの場合は、既存のログイン情報を入力して [サインイン] をクリックします。アバスト アカウントを複数お持ちの場合は、必ずアバスト ブリーチガードのご購入とリンクされたログイン情報を入力してください。

・アカウントを作成:まだアバスト アカウントをお持ちでない場合は、アバスト ブリーチガードのご購入とリンクされたメール アドレスを入力して新規作成します。新しいアバスト アカウントのパスワードを入力してから [アカウントを作成] をクリックします。

7.新しいアバスト アカウントを作成する場合は、メール アドレスが実際に自分のものであることを確認する必要があります。[email protected] からの [メール アドレスの確認] という件名のメールを開き、[メール アドレスを確認] ボタンをクリックします。

お使いのメール アドレスが有効なアバスト ブリーチガードのサブスクリプションと関連付けられている場合、アプリケーションは自動的にアクティベートされます。アバスト ブリーチガードが有効なサブスクリプションを検出できなかった場合は、指示が表示され、アクティベーション コードを使用してアプリケーションをアクティベートするよう促されます。

これで、アバスト ブリーチガードがインストールされ、アクティベートされました。

まとめ

近年、サイバー犯罪者は、多くの機密データを保管する大企業を狙う傾向にあり、ここに収められている一般ユーザーの個人情報が詐取される可能性を想定すると、インターネットを利用するすべての人が自身の情報が悪用されるリスクを認識しておくべきです。

アバスト ブリーチガードは、ユーザーが自身のプライバシーを容易に保護できるよう、機能を提供しています。