これだけは知っておきたい!コンピューターウイルス対策

これだけは知っておきたい!コンピューターウイルス対策

現代では、ランサムウエア、マルウエア、データ侵害、その他のサイバーセキュリティの脅威が急激に増加しており、インターネットセキュリティとウイルス対策ソフトウェアは以前よりもますます重要になってきています。

今回は、ウイルス感染を防止するためにウイルスの感染経路やおすすめのセキュリティソフトを紹介しながら、コンピューターのウイルス対策について考えてみたいと思います。

コンピューターウイルスの感染経路

パソコンやインターネットを安全に活用するためには、コンピューターウイルスに感染しないように予防していくことが大切です。ここでは、ウイルスの感染経路ご紹介します。

メールによる感染

メールに添付されたファイルを開いてしまったり、HTMLメールを閲覧すると感染します。現在感染経路の大半がメールによるものです。

ホームページからの感染

ホームページなどで動作するプログラムに組み込まれていて、ホームページの閲覧やファイルをダウンロードして実行すると感染します。

不正侵入による感染

OSの通信機能の欠陥を狙って、パソコンに不正進入し感染します。

ファイル交換による感染、その他インターネットを経由したファイル交換ソフトやインターネットメッセンジャーから感染します。また、インターネットを経由しなくてもCD-ROMやフロッピーディスクなどのファイルの交換でも感染します。

セキュリティソフトのおすすめ5選

パソコン・サーバ・スマートフォンなどのデジタル端末を、インターネット上の脅威から守り、安全性を高めるソフトウェアが「セキュリティソフト」です。別名として、ウイルス対策ソフトやアンチウイルスソフトなどとも呼ばることもあります。

パソコンセキュリティソフトの役割は、ウイルスやランサムウェアなどのマルウェアを端末から除去して感染を防いだり、危険なWebサイトへのアクセスを警告したりと、多種多様です。ここからはおすすめのセキュリティソフトを5つご紹介していきます。

アバスト プレミアム セキュリティ

日本国内での知名度は、他のセキュリティソフトに比べると低いものの、世界全体では約4億人というユーザを抱え、世界最大規模のシェアを誇っています。その理由は、有料版と同等の機能を備えた無料版を提供していることにあります。多くのユーザーから吸い上げた脅威情報を資産に、性能をさらに高める努力を続けるセキュリティベンダーです。

カスペルスキー セキュリティ

ロシアのカスペルスキー社のセキュリティソフト。日本での知名度は下がるものの、第三者評価機関による比較テストと製品レビューでは常にトップクラスの成績を収めるなど、性能面で優れたソフトウェアです。Windows・Mac・Androidと、プラットフォームを問わない総合セキュリティソフトで、ウイルス対策から危険なWebサイトへのアクセス防止、ネット決済時の保護など多くの機能を備えています。

ESETインターネットセキュリティ

動作の軽さ・性能の高さ・安さのバランスが良いセキュリティソフト。中でも「動作が軽い」点で評価が高く、業務の邪魔をしないセキュリティソフトとして、ファンも多いソフトウェアです。

ノートン 360

Symantec(シマンテック)社からリリースされているノートンシリーズは、セキュリティ対策ソフトの定番と言われている製品の1つ。Windows・Macのマルウェア対策から、パソコンの最適化・ディスククリーンアップ・データのオンラインバックアップなども可能という、オールマイティなセキュリティソフトです。

ウイルスバスター クラウド

トレンドマイクロ社のソフトウェア。特に日本でのシェアが高く、利用者が多い定番ソフトの1つです。ウイルスバスター クラウドは、高い防御力と軽さを両立しつつも使いやすいことに加え、サポートが手厚いことが特長です。

最後に

新しいパソコンやスマホを買ったら、セキュリティソフトを即インストールしておくことはもはや常識になりつつあります。自分自身が何を重視するかを良く検討した上で、条件を満たしたセキュリティ対策することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.